2022年08月12日

n01オンラインのススメ

n01オンラインで日本や海外のプレイヤーと簡単に対戦できます。

(1) 準備


ブリッスルボード(ダーツボード)とスティールダーツを用意します。
n01オンラインを使う端末を用意します。端末は以下のいずれかになります。
・スマートフォン(iPhone、Android)
・タブレット(iPad、Android)
・PC+Webカメラ
対戦相手とカメラ映像をやり取りするためWi-Fiで接続されていることが望ましいです。

スマートフォンやタブレットを使う場合はダーツボードを映すために固定する必要があります。
ダイソーで売っている300円のタブレットスタンドがお薦めです。(200円のスマホスタンドはアームが柔らかいのでお薦めできないです)
根本は挟むタイプで、アームは硬めです。
スマホを使う場合はスマホを横に少しズラしてはめるとカメラの邪魔にならないです。

スマホ固定1

スマホ固定3

(2) n01オンライン参加方法


n01オンライン(https://nakka.com/n01/online/)のページをWebブラウザで開きます。
n01オンライン一覧

 ̄上の「参加」ボタンを押す
△い困譴のSNSボタンを押してSNSと連携する
 「Webカメラを使用する」にチェックを入れてください。
 「シークレットモード」はシークレットキーを知っている人からしか対戦を申し込まれなくなりす。こちらから対戦を申し込む事は可能です。
n01オンライン参加設定
「Webカメラの設定」ボタンを押す
 Webカメラ設定画面の下の方に自分のカメラ映像が出ます。このカメラにダーツボードが入るように調整して「完了」を押してください。
Webカメラ設定
参加設定の右上にある「完了」を押す

以上でn01オンラインに参加できます。

(3) 対戦方法


参加するとn01オンライン一覧で対戦や観戦ができるようになります。
n01オンライン一覧_2

一番上の行は自分になります。
「離席」ボタンを押すと離席中になり対戦を申し込まれなくなります。「復帰」ボタンを押すと待機中に戻ります。

名前の末尾にカメラマークがついているプレイヤーはWebカメラをオンに設定しているプレイヤーです。(ただしオンにしているからといってカメラが正しく設定されているとは限りません)

「Play」ボタンに鍵(🔒)がついている場合はシークレットキーを知っている人のみが対戦できる設定になっているプレイヤーです。

「状態」を押すと待機中のプレイヤーのみを表示するモードに切り替わります。もう一度押すと選択しているチャンネルの全プレイヤーが表示されます。
切り替え

待機中のプレイヤーの「Play」ボタンを押すと対戦が始まります。
もしくは対戦を申し込まれた場合は自動で対戦が始まります。
n01オンライン対戦画面
カメラがつながるとスコアの下に自分のカメラと対戦相手のカメラが出ます。
マイクボタンを押すとミュートになります。ミュートした状態でマイクボタンを長押しすると押している間だけミュート解除できるトランシーバーのような動きになるので周りの音が気になる場合はこちらを利用するといいです。

(4) 海外のプレイヤーと対戦するには


カメラとマイクがつながって会話できる状態になったときに、先攻になっている方から始めます。ミドルはやらないことが多いです。
まずは挨拶ですが、「Hello (ハロー)」でOKです。
その後に「All the best (オールザベスト)」や「Good luck (グッドラック)」でOKです。

投げるときは、以下の順番が一番トラブルが少ないです。
‥蠅欧
⊃字を英語でコールする
n01にスコア入力する
ぅ澄璽弔鯣瓦

フィニッシュしたときは、以下のコールでOKです。
1本目「Check out first dart (チェックアウトファーストダート)」
2本目「Check out second dart (チェックアウトセカンドダート)」
3本目「Check out third dart (チェックアウトサードダート)」

自分が投げている最中に、自分のダーツがどこに入ったかわからないときに「チェック」と言うのはNGです
「チェック」と言うとフィニッシュしたと勘違いされます。
何も言わずにボードのところまで見にいってOKです。

相手が良いダーツを打ったときには「Good darts (グッドダーツ)」と声をかけましょう。

試合が終わったら「Thank you (サンキュー)」「Bye-bye (バイバイ)」などの挨拶でOKです。
その後Exitボタンを押すと対戦から抜けます。

どうしても英語に自信が無い場合はマイクをミュートにしておくと相手も察してくれますが、マイクをオンにしてコミュニケーションを取れるとより楽しめます。

2020年09月06日

海外オンライントーナメント結果

海外ではまだ新型コロナの影響でロックダウンしており、トッププレイヤーがオンライントーナメントに多数参加しています。
日本もまだまだトーナメントが少ない状況なので、この機会に海外オンライントーナメントに参加してもらいたいという想いがあります。
n01トーナメントシステムを作った事により海外主催者とやり取りする事が増えたため、日本のトッププレイヤーに声をかけて、西谷譲二選手と鈴木未来選手に海外オンライントーナメントの道を開拓してもらいました。

2020年9月5日にn01トーナメントを使って開催されたDartStream Liveのオンライントーナメントの結果です。

n01トーナメント
https://nakka.com/n01/tournament/

DartStream Live
https://www.facebook.com/DartStreamLIVE

DartStream Liveはオーストラリア人が主催するスティールダーツトーナメントで、PDCプレイヤー(Simon Whitlock、Dave Chisnall、Ross Smith、Damon Heta、他)も多く参加しており全体的に高アベレージなトーナメントとなっています。
今回のトーナメントには前回に引き続き西谷譲二選手と、女子世界王者の鈴木未来選手に参加してもらいました。

DartStreamLive 5th September
https://nakka.com/n01/tournament/comp.php?id=t_6ubo_2954&t=DartStreamLive%205th%20September

結果は、西谷譲二選手が4回戦まで勝ち上がり、鈴木未来選手が3回戦まで勝ち上がりました。
両選手とも高アベレージな試合の連続で中継スコアを見ていても見応えある内容でした。
鈴木未来選手の最後の相手はDamon Heta選手でスコアアベレージは92.54でした。鈴木未来選手も81.58と健闘していました。

ストリーム配信された動画です。
初戦に鈴木未来選手、5試合目に西谷譲二選手が登場します。
https://www.facebook.com/watch/live/?v=672120326844346&ref=watch_permalink

西谷譲二選手と鈴木未来選手には協力して頂き感謝しかありません。
これを機に海外オンライントーナメントに挑戦する方が増えることを期待しています。

2020年08月31日

海外オンライントーナメントのススメ

2020年6月にn01のトーナメントシステムをリリースしました。

n01トーナメント
https://nakka.com/n01/tournament/

構想は2016年からあったのですが、壮大すぎて手付かずでしたが新型コロナの影響でn01オンラインの需要が高くなっているというのもあって一か月ほど寝る間を惜しんで完成させました。
オンラインのトーナメントや、対面でのトーナメントや、n01を使わないトーナメントなど幅広くカバーしています。
試合形式はラウンドロビンとシングルエリミネーションに対応しており、試合中はスコア観戦と、リアルタイムのトーナメント表更新が行われます。
プレイヤーはトーナメント表内の対戦するセルを押すだけでn01でスコアリングできる簡単システムになっています。
試合中や試合後に全プレイヤーの合計スタッツを見ることができます。

n01r

6月のリリース前からn01オンラインを使ってトーナメントを開催して頂いている方(主に海外の方)にトーナメントシステムの宣伝をして8月には多くの方にトーナメントシステムをご利用して頂いています。
その中でオーストラリアのDartStream LiveというFacebookでストリーム配信しながらトーナメントを主催している方と繋がることができました。

DartStream Live
https://www.facebook.com/DartStreamLIVE

DartStream Liveが主催するスティールダーツトーナメントはPDCプレイヤー(Simon Whitlock、Dave Chisnall、Ross Smith、Damon Heta、他)も多く参加しており全体的に高アベレージなトーナメントとなっています。
オープントーナメントでエントリーフィーは$22 AUD/£11で20週に渡り開催され、ポイント一位になると£1000が賞金となります。(支払いはPayPal)
トーナメントは毎週土曜日18時(日本時間)から開催されています。

トーナメントはn01トーナメントを使って進行し、連絡はFacebookのグループチャットを使っています。グループチャット内で対戦者とPM(Private Message)のやり取りをしてPMでビデオ通話をしてボードをカメラに映します。得点のコールは英語になります。
ストリーム配信する試合ではZoomを使っています。試合後にちょっとしたインタビューがあります。

2020年8月29日のトーナメントに日本から西谷譲二選手にエントリーしてもらいました。

DartStreamLive 29th August
https://nakka.com/n01/tournament/comp.php?id=t_KEqO_1339&t=DartStreamLive%2029th%20August

結果は一回戦での敗退でしたが、オーストラリアのGordon Mathers選手相手に見どころ満載な好ゲームでした。
今回日本人初参戦ということで主催者側の注目度も高く西谷譲二選手の初戦がストリーム配信されました。

0:30:00〜1:02:00が 西谷譲二選手の試合とインタビューです。
https://www.facebook.com/watch/live/?extid=BDS58p5zyxhOSYn6&v=321352672290035&ref=watch_permalink

Facebookなどで検索するとイギリス、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなどでオンライントーナメントが多く開催されています。
新型コロナ前では海外トーナメントは現地に行く必要がありましたが、新型コロナ後のニューノーマルの一つとしてオンラインでのトーナメントが普通に開催されるようになり気軽に参加できるので、トーナメントが開催されない今の時期に挑戦してみてはいかがでしょうか?

トーナメントへの初回案内や通訳の方の紹介など私が協力できることもあるのでお気軽にご連絡ください。

2017年01月21日

n01 Web版

http://nakka.com/n01/menu/

ダーツで01ゲームをプレイするときのスコアをつけることができるWebサービスです。
他にオンラインでの対戦やスコアのLive中継機能などがあります。
動作環境はiPhone, iPad, Android, Windows Phone, Mac, Windows(Chrome, Firefox, IE10以降)などです。

すべて無料で利用できます。

■ n01
ダーツのスコアをつけることができます。
・開始スコアは301、501、1001など自由に設定できます。
・レベルが12段階のCOM対戦ができます。
・残りスコアも入力する練習モードがあります。
・ハンディキャップとしてプレイヤー毎にスコアを変更することができます。
・スタッツや履歴を見ることができます。
・スケジュールモードがあり、リーグ戦などで簡単にゲームをスケジューリングできます。
・Androidでn01を使いたい場合や、Macでn01を使いたい場合はこちらを利用してください。

■ n01 オンライン
オンラインでダーツの対戦ができます。
・ユーザー登録は不要で名前を設定するだけで無料で簡単に参加でます。
・スティールダーツのみでなくソフトダーツでの参加も可能です。
・ゲームは501のみです。
・対戦を申し込まれた時のLeg数を設定することができます。
・他の人の対戦を観戦することができます。
・過去のゲームを履歴として見ることできます。
・名前単位でアベレージと勝率の管理ができます。
・チャット機能があります。

■ n01 Live
ダーツのスコアを中継することができます。
・トーナメントやリーグ戦のスコアを中継することができます。
・「n01 オンライン」で中継しているゲームが見られます。
・開始スコアは301、501、1001など自由に設定できます。
・スケジュールモードがあり、リーグ戦などで簡単にゲームをスケジューリングできます。
・過去のゲームを履歴として見ることできます。
・中継のみで履歴には残さない設定もできるので気軽に中継してみてください。

[PC]
n01_web_pc3

[スマートフォン]
n01_online

ton80 at 13:02|Permalinkソフトウェア 

2017年01月20日

n01 Ver 0.2.6 (Windows版)

スティールダーツ用のスコアリングソフトの「n01」をバージョンアップしました。(半年くらい前だけど)
以下のURLよりダウンロードできます。
http://www.nakka.com/soft/n01/

元々個人使用PCで使うことを想定していたため細かく表示していました。
しかしバーやトーナメントで使う場合には遠目で見難いというのがあったので遠目でも見やすいデザインにしています。
設定で元の詳細な見た目にすることも可能です。

n01

変更点の詳細は以下の通り。
・Ver 0.2.5 -> Ver 0.2.6
・フルスクリーン時にAltキーを押してメニューを表示できるようにした。
再度Altキーを押すとメニューが隠れます。

・Ver 0.2.4 -> Ver 0.2.5
・フルスクリーン時にメニューを自動的に隠すようにした。
マウスを上部に持っていくとメニューが表示されます。

・Ver 0.2.3 -> Ver 0.2.4
・デフォルトの配色をシステムカラーから固定色に変更した。
・ファンクションキー表示部の配色をカスタマイズできるようにした。
・初期表示の情報を変更した。
・メニューからn01オンラインを開けるようにした。

・Ver 0.2.2 -> Ver 0.2.3
・ゲーム履歴画面で先攻マークが正しく表示されていなかったのを修正した。

・Ver 0.2.1 -> Ver 0.2.2
・フルスクリーンモードを追加した。
・プレイヤー情報を表示しない場合は名前の領域にLeg情報とSet情報を表示
するようにした。
・ゲーム履歴で表示されるスコアの文字を大きくした。
・リカバリー情報を削除しない設定をデフォルトにした。
・コンピュータ対戦のアレンジのパターンを調整した。

・Ver 0.2.0 -> Ver 0.2.1
・表示を微調整した。

・Ver 0.1.9 -> Ver 0.2.0
・名前を大きく表示するビューを追加した。
・画面が横長の場合の表示バランスを変更した。
・その他バグを修正した。

ton80 at 12:30|Permalinkソフトウェア 

2010年12月02日

筋肉の使い方

腕を動かす筋肉として上腕二頭筋と上腕三頭筋がある。
上腕二頭筋は力こぶになる筋肉で、引っ張る力となる。
上腕三頭筋は二の腕の場所で、ものを押す筋肉となる。
肘を伸ばすのは上腕三頭筋と肘筋である。

ダーツを投げる筋肉としては、上腕三頭筋を使う。上腕三頭筋を意識できると結構楽に腕が振り切れる。
上腕三頭筋が意識できない場合は、投げることに慣れていない(練習不足)のでとりあえず投げまくろう。

ちなみに、上腕二頭筋に力が入っていると前半は勢い良く振り出せるが後半に腕の振りが失速する。そのため腕が伸びきらなくなる。
ダーツを置き投げになるのも上腕二頭筋に力が入っているせいだと思う。


ton80 at 16:25|Permalinkダーツ研 

2008年07月22日

JDAトーナメント

7/20〜7/21に横浜で行われたJDAのハードダーツトーナメント3大会に参加しました。

[7/20]
第18回横浜市ダーツ選手権大会
オープンダブルス優勝
オープンシングルス優勝

第27回神奈川県ダーツ選手権大会
オープンダブルス準優勝
オープンシングルス優勝

[7/21]
第31回関東地区ダーツ選手権大会
オープンシングルス3位

7/20は2大会共にダブルスはオッキーがペア。初戦から良い感じで噛み合って2大会共に決勝進出。シングルスは途中がかなり良かったが後半は疲れからかダブルを引っ張ることもあったが、踏ん張って2大会共に決勝進出。
横浜市ダーツ選手権大会はダブルスとシングルスで優勝。シングルスの相手はSDOトーナメントの決勝でも戦ったChamarinが相手で1Leg目こちらが180スタートしたが最後ハイオフされて負けて、2Leg目に100をハイオフして15ダーツで取り返したりと熱い戦いでした。
神奈川県ダーツ選手権大会はダブルスで準優勝、シングルス優勝。ダブルスは2人してまったく削れずで負けてしまいました。シングルスも最初の2Legまったく入らず取られて、その後3Leg取り返して優勝しました。最後167から60-57と入ってアウターに。その後少し引っ張り気味だったのを気合で入れて優勝しました。

7/21のダブルスは松尾プロがペア。1回戦はおいらまったく入らずだったが松尾プロがカバーしてくれて勝ち。2回戦は神谷さんとさのっちのペアが相手で1Leg目おいらまったく削れずで取られ、2Leg目TONが続いていたが削り勝てず後半アレンジがまったく入らず負け。
シングルスは順調に勝ち上がって準決勝でさのっちに負けて3位でした。

2日間で3大会はさすがに疲れたが良い結果も出て良い経験になりました :)

2008年07月14日

All Star Challenge Cup(仮)

第一回目のハードダーツ5団体の交流戦がMoby Dickで開催されました。
参加チームは以下の通り。
CDF(千葉ダーツ連盟): CDF選抜
SDS(湘南ダーツソサエティ): 関一家
TDA(東京ダーツ協会): Part2-26
TDO(東京ダーツオーガニゼイション): G-sk
YDC(横須賀ダーツクラブ): YDC選抜

自分はTDA代表のPart2-26で出場。

1回戦はCDF選抜と試合。
ガロンは削り勝っていたがダブルを決めきれず負け。
ダブルス1を取り、ダブルス2も取って、おいらのシングル1を良いダーツで取ってリーチ。そこからシングルス2つ負けてラスト3-3から太一さんがきっちり決めて勝利!

2回戦はYDC選抜と試合。
ガロンは最後太一さんがダブルを決めて勝ち。ダブルス1を取って、ダブルス2を取られて、おいらのシングルス1は大内政民さんが相手。1Leg目削り勝ってダブルも決めて勝ち。2Leg目ワンチャンスの138を60-54と入れたがD12を大きく外して次に上がられて負け。3Leg目削り勝っていたがダブルを引っ張り、最後政民さんが上がったと思ったらアレンジミスで、回ってきたおいらが決めて勝ち。次の海苔屋がきっちり取って勝利!

3回戦(ウィナー決勝)はG-skと試合。
ガロンはおいらに36残りで回って来たがワイヤーの外側に3本刺さって決めれず。次の次で決められて負け。
ダブルス1は今日ずっとペアの海苔屋がダブルを決めてくれて勝ち。ダブルス2は負け。おいらのシングルス1は松浦さんが相手。1Leg目削り勝ってダブルも決めて勝ち。2Leg目ダブルを引っ張り取られて、3Leg目最後まったくダブルを決めれず取られて負け。シングルス2で海苔屋がtantanに勝ってなんとか持ちこたえたが、シングルス3でリサちゃんが村上さんに負けた。

ルーザーに回ると、1回戦の相手CDF選抜と再戦。
ルーザーはダブルスを2本やって1-1になったらガロンで勝負というルール。
ダブルス1とダブルス2ともにストレートで同じタイミングで勝って決勝へ。

決勝は先ほど負けたG-skと再戦。
ガロンは削りが拮抗していたが最後海苔屋がダブルを決めて勝ち。
ダブルス1は、またまた海苔屋ががんばって決めてくれて勝ち。
ダブルス2を取られて、おいらのシングルス1は松浦さんが相手。1Leg目削れずだったが出たダブルを決めて勝ち。2Leg目は前半にTONを3つ並べて有利になりダブルを少し引っ張り気味だったが決めて勝ち。
ダブルス2の海苔屋が取られて、最後リサちゃんが先ほどのリベンジで村上さんに勝ってチームの勝利!

こちらはルーザーからなので2アップしなければいけないところだが、時間の都合でガロン1本勝負に。
皆超集中して相手がTON出せばこちらもTONの流れで後半まで削りの展開が同じ。最後tantanが120残りからのトライで不利になり、おいらは100残りを決めれず。回ってきた海苔屋が決めて優勝!

沢山のチームと熱い試合ができて楽しかったです。
コントロールをしていただいた方々とMoby Dickのお店の方々に感謝です。

ton80 at 14:15|Permalinkハードリーグ 

2008年07月07日

第20回記念 静岡オープンダーツトーナメント

SDO主催の静岡オープンダーツトーナメントに行ってきました。
昨年シングルスで優勝している大会なので今年も気合入りまくり。

ダブルスは去年と同じこうへい。
昨年は3位まで行ったから今年は更に上に行きたい感じ。
1回戦は岡さん&澤江さんペア。1回戦からきつい相手。
1Leg目相手もこちらも良い削りだったが最後おいらダブル入らず負け。2Leg目はこちらが削り勝ってダブル打ったがまだおいら入らず。こうへいが決めて勝ち。3Leg目は相手が削りまくりで19ダーツで取られて負け。
1回戦で負けてしまいました :(

シングルスまでかなり時間ができたからアップしまくり。
午後からシングルスが始まり、3回戦までダブルを引っ張りながらもなんとか勝ちあがり、4回戦の相手が豆さん。お互いTON出しまくりで1Leg目ワンチャンスのダブルを決めて取り、2Leg目先にダブルを打たれた状態から138残りを60-54と入れたがD12を外して負け。3Leg目は削りまくったがダブルを引っ張りまくりで追いつかれたワンチャンスを決めてなんとか勝ち。
準々決勝はダブルも引っ張らずに勝ち。
準決勝はDMC平賀さん。1Leg目常に60に絡めながら削り勝って後半に180が出て一気に削って勝ち。2Leg目200点台まで同じ削りペースで後半に堅実に削って出たダブルを決めてなんとか勝ち。
決勝はベストオブ5。1Leg目TONスタートができ、削り勝ってダブルも引っ張らずに勝ち。2Leg目はこちらが先攻で削り勝って勝ち。3Leg目は削りから負けて負け。4Leg目丁寧に削って最後少しダブルを引っ張り気味だったがなんとか決めて優勝。

昨年に続いてシングルス優勝でしたので2連覇!
女子シングルス優勝はTDAチームメイトのリサちゃんでした :)

2008年06月23日

JSFD - JAPAN OPEN TOURNAMENT 2008

JSFDのJAPAN OPEN TOURNAMENT 2008に行ってきました。

ラウンドロビンは5人山。おいらがシード。
同じ山に阿部ちゃんとつのけんさんがいる。
初戦阿部ちゃん。1Leg目ダブルでもたつくが取り、2Leg目は削りも上がりも良く勝ち。
その後も全部勝って予選1位通過。

1回戦は太郎ちゃん。1Leg目先にダブル打つが入らず取られ、2Legもダブルトライまで行ったが取られた。3Leg目4Leg目は14ダーツで取られて負け。最後は完全に削り負けてた :(

結果ベスト32でした。

以下はアベレージ
Average: 22.837
Tons: 21
180: 0
Best Leg: 17
High Off: 62
Legs Played: 12
Legs Won: 8
JSFD Points: 12